インターネットの中に「和雑貨 翠」という小さな店を開いてから、二十年の月日が経とうとしています。

その間、作り手の皆さんの仕事ぶりを間近で見て、どれだけの時間と手間、そして愛情をかけて、作品が生まれてくるのかを知りました。

お客様にも、商品としての作品だけでなく、その背後のなりたちにも関心を持っていただけたら、という気持ちで、『手のしごと オモテウラ』展を企画しました。

 

集ったのは、当店を常日頃より支えてくれている、八組の作り手たち。

作品(オモテ)の展示販売とともに、作品が生まれるまでの制作工程や試行錯誤など、ふだん表に出ない部分(ウラ)をご披露いたします。

また、同時企画として、会場の楽風さんにちなみ、〈茶〉をテーマにした作品づくりを課題に出しました。

それぞれがどのようなアプローチで〈茶〉に取り組んだかも見どころのひとつです。

 

作り手たちの挑戦の軌跡から、手でものをつくることの尊さ、豊かさ、楽しさなど、いろいろ感じとっていただければ幸いです。

 

平成30年弥生

 

和雑貨 翠 店主・白石 由美子

 

 

I am delighted to welcome you to "The surface and the background of works by hands".

It has been about 20 years since I opened a small online shop of Japanese crafts named "Wazakka-Sui"

Throughout this period I have seen how many efforts artisans make to create their works.

 

This exhibition presents various works produced by 8 artisans i.e. the surface, and the process and the trial and error until they are completed i.e. the background.

Also, I have asked artisans to make a work in the motif of tea in order to pay homage to the gallery "Rafu".

You can see each artisan's approach to tea.

 

In this exhibition, I hope you will realize how difficult, how beautiful and how happy it is to create works by hands.

 Lastly, I would like to express my profound gratitude to everyone  who has supported Wazakka-Sui.

 

March, 2018 

Yumiko Shiraishi, Wazakka-Sui